Pocket
LINEで送る

一年に約2500万人の海外観光客を迎える観光国ギリシャ。行こうと思いつつ中々機会が無かったんですが、10月に入るとじゃぱねす邸高山の運営で忙しくなるし、その前にぜひと2週間の旅へ行くことに!

到着前まで自分の中のギリシャ像は、「街に古代文化のあふれるローマと、優雅さを残すオーストリアを足して2で割ったような国」と勝手に想像していたんですが……

全然違いました。

古代遺産は沢山

「古代文化にあふれるローマ」部分は合ってました。街にはギリシャ神話にまつわる遺跡がたくさんあります。

アテネ考古学博物館にも中々の美術品がずらり。

街は意外と新興国

間違っていたのは「優雅さを残す」の部分。着いてみたら意外にも新興国的な雰囲気が漂っていました。(分類的にはギリシャは先進国です)

街の景色もこんな感じ。

歴史を紐解くと、紀元前には一大文化を築いたギリシャも紀元後は色々な国に占領させてきた過去を持つんですね。そのため独自文化を築く土台がなかったのかも。

また、未だにギリシャ危機の影響は色濃く残っています。

乗せてもらったUber運転手の一人は、数ヶ月前にUberドライバーになるまで3年間無職だったとか。

街も全体的に疲弊した感じがあり、公務員は噂の通りやる気が見えませんw

でも観光には力を入れている

ただ観光国なだけあって、首都アテネの観光インフラは中々揃っていました。

例えば周遊バス。アテネ市内からピレウス港、さらにはコーストラインまで周遊バスがカバーしています。便利すぎて最初の2日はこればっか乗ってました。

食事も安くて美味しいです。ディナーでも一人20ユーロで満足するまで食べれました。

ギリシャはヨーロッパ版タイだ!

観光は盛んだけど、街が発達仕切っていないというこの感じどこかで見たなと思ったら……タイなんですよね。ギリシャ神話の文化遺産が仏教のそれ。両方とも豊かなビーチ資産を有している。食事もそれぞれの国の特徴をもったおいしさ。

ということで、タイの類似点を多く感じた5日間のアテネ視察でした(あくまで個人的意見です)。

次はサントリーニ島へ!

(おまけ)

投稿者プロフィール

那須裕介
那須裕介
日本の魅力を世界に伝える開国クリエイター。
インバウンド動画制作、訪日観光動画メディア「じゃぱねすクエスト」更新、一棟貸しの宿じゃぱねす邸を京都高山で運営をしています(簡易宿所許可有)。お問い合わせはこちらから