Pocket
LINEで送る

前回のサントリーニ島に続き、次はクレタ島を訪れました。

クレタはギリシャの国の中で一番大きな島です。面積は8000平方キロメートル。大体秋田県と同じですね。そして滞在した感想はというと……

クレタ島天国すぎる!

正直訪れたときはクレタ島のことあまり知らなくて期待してなかったんですが、すべて覆されました。

クレタ島の何が魅力的なのか

観光において大切な4要素と言われる「文化・自然・食・気候」。クレタ島にはそのすべてが揃っているんです。

豊かな心の人が多い

そして印象的だったのは、観光の町にもかからわず土産物屋の売り子さんや飲食店の店員さんの押しが強くないこと。「買ってけ買ってけ!」って感じじゃなく「何かあったら手伝うよー」っていう空気なんですよね。

一体なぜかとずっと考えていたんですが、クレタ島の観光統計をみて納得しました。

人口60万人の島に毎年300万人の海外観光客が訪問。そりゃ経済が回って町の人も大らかになります。しかもサントリーニ島と違ってインフラがしっかりしてるので、多くの観光客を受け入れる備えもバッチリ。

日本に目を向けて

クレタ島は、観光がいかに地域を潤すかのモデルに思えました。

日本では訪日外国人が10人増えると、人口が一人増えるのと同じ経済効果があると言われています。

毎年30万人の人口減少が進む日本。クレタ島のような「観光客の獲得」は、今後ますます重要課題になりそうです。

投稿者プロフィール

那須裕介
那須裕介
日本の魅力を世界に伝える開国クリエイター。
インバウンド動画制作、訪日観光動画メディア「じゃぱねすクエスト」更新、一棟貸しの宿じゃぱねす邸を京都高山で運営をしています(簡易宿所許可有)。お問い合わせはこちらから