Pocket
LINEで送る

ハローみなさん、訪日観光YouTuberの那須裕介(@nasu_yusuke2)です!

最近ありがたいことに、僕の運営する訪日観光YouTubeチャンネルじゃぱねすクエストからうちの宿「じゃぱねす邸」への予約・問い合わせが増えています。今では予約の2割強がじゃぱねすクエストからの流入となっています。

その際、今まではとりあえずAirbnbのじゃぱねす邸ページに流して予約を取っていました。でもこれだけYouTubeからの割合が増えてことですし、今後の宿拡大も考えて、ここらでじゃぱねすクエストのサイトに独自予約システムを作ることにしました。

ということで今回はその方法を紹介します!

前提:Wordpressとは

まずは前提として、じゃぱねすクエストのサイトはWordpressで運用しています。Wordpressとは簡単に言うと、ウェブサイトを作る組み立てキットみたいなものです。

WordPressに代表されるCMSを利用すればそのような専門知識などをもっていなくとも文章や画像といったコンテンツさえ準備する事が出来ればWebサイトを作成・公開する事が出来ます。WordPressって何?という人が読んでも5分で何となく分かる記事

ここからの記事の内容は、Wordpressの知識が必須となってきます。ご了承ください。

Hbookを使う

さて、まずWordpressに「Hbook」を組み込みます。HbookはWordpressに予約システムを追加するプラグインで、Codecanyonで50ドルで買えます

Hbookのより詳しい説明や使い方は下記ブログをご参照ください。この記事ではあくまで「僕の導入事例」をさらっと紹介するのにフォーカスします。

ちなみに下記が公式の英語マニュアルです。日本語化もできるようですが、どうせ訪日外国人向けに宿をするなら英語必須です。英語覚えましょう。

他のOTAとカレンダーを連携する

プラグインを入れたら次に、AirbnbやBooking.comなど他のOTAとiCalを使ってカレンダーを連動させます。iCalが利用できないExpediaは残念ながら連携できません。

正直iCalが使えないOTAはあまり使う気にならないです。各OTAさん、ぜひiCalを導入してください 🙂

Stripeと連携してクレカ払いに対応する

そして決済周り。決済システムはStripeを使います。

Stripeの手数料は3.6%と少しお高いですが、他に代えがたいメリットがあります。

Hbook+Stripeだと、予約時にクレジットカード情報を確保&チェックイン時にワンクリックで料金徴収ができるんです!

現地決済だとノーショーのリスクがあります。Squareだとオンライン請求書で事前決済はできますが、キャンセル時の返金が大変です。

だからHbook+Stripeの事前クレカ情報確保+当日決済は、宿にとって効率的でありがたい方法です!

Airbnbのレビューを転載する

最後にどうしても乗せたかったのが過去の滞在者のレビュー。

PHPでコードを書いてAirbnbのレビューをスクレイピングしようかと思いましたが、調べたら既にそんなプラグインがありました。Wordpressユーザー熱いな 🙂

WP Airbnb Review Sliderを使えば、Airbnbのレビューを自動で直接予約サイトに表示できます。

新しいレビューが投稿されれば自社サイトの内容も自動更新されます(タイムラグあり)

完成とその先

以上で、直接予約システムを自社サイトに組み込む作業が完成。下記みたいな仕上がりとなりました 🙂

さて、ここまで読んだ皆さん。「早速自分も」と直接予約システムを作る前に、一つ考えないといけないことがあります。それは――

直接予約してもらうだけのブランドがあなたの宿にあるか?です。

直接予約サイトを作っても、それを潜在顧客に知ってもらうマーケティング・ブランディングの術がなければ、直接の予約は入りません。

自分の場合はYouTubeで高山の魅力を世界に発信し、その視聴者に宿に泊まってもらうという宿×メディアのブランディングをしています。

みなさんも直接予約システムを作る前に、どうやってうちの宿を旅行者に知ってもらうかを考えてみましょう。

そしてその術が見つかったなら、ぜひWordpress+Hbookで直接予約をバンバンとってくださいな 🙂

投稿者プロフィール

那須裕介
那須裕介
日本の魅力を世界に伝える訪日観光YouTuber&じゃぱねす合同会社代表。
インバウンド動画制作、訪日観光動画メディア「じゃぱねすクエスト」更新、一棟貸しの宿じゃぱねす邸を京都高山で運営をしています(簡易宿所許可有)。お問い合わせはこちらから